「変わりたい」と思った時に心の声を聴いてみよう2017/09/26

こんにちは、明大前のトレーニング&コンディショニングスタジオ スタジオアンの河合です。

 

トレーニングを始める方は、減量だったり、シェイプアップだったり何かしら「変わりたい」という願望があると思います。

でも、「変わりたい」と思っても、なんだか面倒くさいなぁとか諦めた方が楽だなぁと思ってしまうことはないですか?

運動を続けるモチベーションが本当にあるのか、そもそも運動を選ぶべきなのか、心の声を聴いてみましょう!

 

承認欲求や、お金などの外的要因だけではないですか?

痩せて誰かに褒められたい。「きれいになったね。」と言われたい。

キャンペーンで痩せるとギフトカードなどがもらえるなどの外的要因や承認欲求が運動を始めるキッカケになっていませんか?

 

運動を始めたいという方に最も多い願望なのですが、痩せてきれいになるだけならば、運動よりはエステに行った方が楽ですよね。

ほかにも色々な選択肢がある中で運動を選ぶには弱かったり、目標が終わると継続しなくなります。

 

 

「なぜ?」を繰り返してみよう

「変わりたい」と感じたら、「なぜ?」その変化を望むのかを繰り返し考えてみましょう。

「痩せたい」と思ったら、なぜ痩せたいのかを考えてみます。

  • 「太った」といわれた。
  • 周りがみんなダイエットしている

 

これらの理由しか思いつかないのであれば、よほど運動が好きという人でない限りは残念ながら運動を始めても長くは続きません。

スポーツクラブに入会しても、最初の1週間だけ頑張って、そのうち仕事や遊びなどで何らかの理由をつけて今月もいかなかったなぁと会費だけを支払い続けるタイプです。

もったいないので、もっと楽しいと思うことにお金を使うことをおススメします。

 

 

この理由があれば運動を始めてみよう!

なぜを繰り返したときに

  • 健康や幸福、満足感などのQOL(生活の質)を向上できる
  • 心の底からなりたいと思う目的の人物像がある
  • 運動することや参加することが楽しみだと思える

などに該当する理由が見つかれば、ぜひ始めましょう!

 

24時間という1日の限られた時間の中で、運動するために時間やエネルギー、お金を使おうと思うのであれば、ただ何となくでは動機が弱すぎます。

そして、また続かなかったというネガティブな気持ちになってしまい、精神的にもよくありません。

 

まずは、自分の心の声に耳を傾けて、本当にそれが必要なのかどうか、ただ何となくではなく明確な理由を見つけられるかを感じ取ってみてください。

もしかしたら、「運動」ではなく他にあなたにあったいい方法が見つけられるかもしれませんね。

 

自分だけでは、なかなか見つけられないという方は、カウンセリングを受けてみるのも良いと思います。

スタジオ菴でも、無料でカウンセリングが受けられますよ。

 

運動を始めてみようかなという方はぜひ利用してみてくださいね。

 

 

関連する記事

今月よく読まれている記事

最新記事

カテゴリー