【素朴な疑問】ヤンキー座りをしたい2017/11/09

こんばんは、明大前のトレーニング&コンディショニングスタジオ スタジオ菴の河合です。

今日の素朴な疑問は、「ヤンキー座りをしたい」です。

 

和式便所のスタイルから「うんこ座り」とも呼ばれている膝を曲げてしゃがみ込む座り方ですが、意外にできないという方は多いようです。

 

一般的に言われているのは、足首が固いということですが、本当にそうなのでしょうか。
実際に足首を一生懸命ストレッチしているのにできないという方も多いのはなぜなのか、関係している関節をチェックしながらあなたの身体の原因を見つけてみてください。

 

足首の固さをチェックする

足首の関節可動域(関節の動く正常とされる範囲)は、足首を90度にした状態からさらに足首を伸ばした状態(底屈)が45度、足首を曲げた状態(背屈)が20度です。

ヤンキー座りとされるしゃがみ込んだ状態で足首は90度よりもさらに曲がった状態ですから背屈になります。

 

足を延ばした状態で座ってつま先を身体の方に近づけたり、立った状態でかかとが地面から浮かないように身体を前方に傾けたときに、ふくらはぎなどの筋肉が固くて足首が90度以上曲がらないという方は足首の固さが原因でヤンキー座りができていない可能性があります。

 

この場合は、ふくらはぎの筋肉をストレッチして柔らかくしてあげましょう。

 

関節のねじれをチェックする

わりと多い原因の一つは、関節のねじれです

 

例えば、しゃがみ込もうとすると体重が足の小指側に乗ってしまってバランスを崩したり、膝が張ったり痛みを感じている場合は股関節や、膝、足首が筋肉のアンバランスによってねじれている可能性があります。

 

足の内側と外側の筋肉のバランスが崩れが疑われるのは以下のような場合です。

  • 壁を触りながら両方の足でつま先立ちをすると小指側に体重が乗って膝が割れる
  • スクワットで膝を曲げ始めると膝同士が途中でくっついてしまう

 

状態によって改善ポイントが変わります。

  • 小指に乗ってしまい膝が割れる場合 ⇒ 内ももの筋肉を鍛えましょう。
  • 膝同士がくっついてしまう場合 ⇒ 太ももの裏の内側の筋肉をストレッチしましょう。

 

また、長期間アンバランスな状態が続くと膝など関節の痛みにつながりますので、気になる方は早めに改善してみてくださいね。

 

股関節がうまく動いていない

しゃがみ込もうとすると後ろにひっくり返るという場合は、股関節がうまく動いていないことが考えられます。

 

通常股関節が曲がると骨盤はしっかりと立った状態(坐骨(座るときに当たるお尻の骨)が下を向いている状態)になります。

しかし、股関節がうまく動いていない場合は、骨盤が脚の筋肉に引っ張られて腰が丸まっていきます。

 

このために、後ろに倒れないように「かかと」を持ち上げてバランスを取ろうとするのです。

「かかと」が上がるのは、足首が固い以外にも理由があるんですよ。

 

この場合は、骨盤がしっかりと立つように股関節の動きを覚える必要があります。

 

ピラティスやマスターストレッチで股関節の動きを調整して、ヤンキー座りができたという方は意外に多いんですよ。

 

もし、足首をストレッチしても効果を感じられないのであれば、ぜひ膝や股関節に注目してみてください。

すんなり座れるようになるかもしれませんよ!

 

 

関連する記事

今月よく読まれている記事

最新記事

カテゴリー