【素朴な疑問】体重計には毎日乗ったほうがいいの?2017/08/10

こんにちは、明大前のトレーニング&コンディショニングスタジオ スタジオ菴の河合です。

 

毎日、食べたものや体重を測って記録することで自分の状態を把握するというダイエット法があります。

しかし、中には毎日体重を測るとかえって気が滅入ってしまうという人も…。

 

毎日体重を測ったほうがいいのでしょうか?

 

 

 

 

自分の現状を把握できる

測ることの最大のメリットは、自分の現状を把握するということです。

 

よく聞くのが、体重が増えていると感じてはいるけれど、数字を見てしまうと落ち込んでしまうので体重計には乗りたくないというコメント。

数字は、ちょっと残酷ですが、今を把握して改善するという気持ちの切り替えを持つことはとても大切なこと。

 

一念発起、頑張るというモチベーションにつなげるためにも体重は測ってみましょう。

 

 

日常生活を改善するキッカケになる

極端な数字の変動があった場合などに、生活を改善するためのきっかけを見つけやすくなります。

 

昨日は、飲み会で飲みすぎ、食べすぎてしまった。
そんな時には、やはり数字の変動が大きく出ている場合があります。

 

数値上で変動がわかれば、今日の食事を少し抑えようとか、少し運動しようとか体重をコントロールするための行動ができますよね。

 

そんな日々の気づきで日常を改善していくことで、ダイエットの成果が出やすくなりますよ。

 

測らないという選択もあり

毎日体重を測っているけれど、かえって気が滅入ってしまう。
目標体重まで5kg以上の減量が必要な場合は、毎日の細かな体重の変動がかえってモチベーションを低下させることもあります。

 

体内の水分量や前日の食事内容などによって、簡単に変動します。
昨日はあんなに頑張って歩いたのに300g増えてた!なんていうことはごく普通。
いちいち気にしていたら精神的に参ってしまいますよね。

 

でも、ついつい気にしてしまう。
そういう場合は、いっそ測らないという選択もありです。

 

毎日ではなく、1週間以上のスパンで体重を測定するようにしてみてください。
1週間から10日ぐらいであれば、頑張った成果としての増減が期待できます。

また、ダイエット期間を1ヶ月と決めて、それまで体重を測らないという方法でも良いですね。

ただし、全く測らなくていいではなくて、ある程度のスパンを決めて測るようにはしてくださいね。

 

とにかく、モチベーションがなければダイエットは続きません。
体重計とは上手にお付き合いしてくださいね。

関連する記事

今月よく読まれている記事

最新記事

カテゴリー